AsuPlusからのご提案


では、どうやって資産を大きく殖やすことができるのか。

具体的な方法をご紹介いたします。

 

先に申し上げた通り、

今後、成長が期待できる海外の国での運用が資産を大きく殖やすチャンスが多くなります。

 

そして、経済規模が縮小傾向にある日本ですが、自国の通貨(日本円)のみでなく基軸通貨である米ドルを持つことが政治的、経済的有事の際のリスクを軽減させることになります。

 

1.成長国で定期預金

特徴

 預金保険機構(ペイオフ)10,000米ドルまで

 ある程度まとまった資金をがっちり確定金利で

 

金額 5,000米ドル 以上

運用期間 1年間、3年間、5年間

運用通貨 米ドル

名義 個人、個人の共同名義(0歳~)

運用委託先 フィリピン 外貨(米ドル)は非課税

成長国で定期預金

2.オフショアファンド積立て(積立型 投資信託)

特徴

 ドルコスト平均法を利用したリスクヘッジ

 地道にコツコツ一定額を

 わくわく複利で運用 長期で大きく殖やす

 

金額 日本円で 30,000円/月 以上

運用期間 5~30年間

運用通貨 米ドル

名義 1~4名(18~75歳)

運用委託先 香港 オフショア(非課税国)


3.オフショア純金積立て

特徴

 個人のみならず法人でも投資可能

 消費税かからず投資額すべて純金へ

 メープルリーフ金貨に

 

金額 2,500香港ドル/月 以上

運用期間 法人20年間

運用通貨

名義 個人、法人

運用委託先 香港


4.日本国内節税商品

特徴

 無駄な経費ではなく利益を生む経費で節税を

 全額損金 翌期から収益を

 

金額 1セット98万円 1セットから

運用期間 5年間

運用通貨 日本円

名義 個人、法人

運用委託先 日本



Hong Kong's MOST VALUABLE COMPANIES 2015

香港で最も価値ある企業2015に

積立型 投資信託」を扱っているAthena Best社、

純金積立て」を扱っているNoble Apex社が選ばれました。

Athena Best

Noble Apex


Hong Kong's MOST VALUABLE COMPANIES 2017

香港で最も価値ある企業2017に

純金積立て」を扱っているNoble Apex社が選ばれました。

Noble Apex