日本国内から口座開設できる海外銀行口座

ますます弱くなる日本

このところ外貨預金が注目されています。

 

経済力の「強い国」の通貨は人気があります。

経済力の「弱い国」の通貨は人気がありません。

つまり、弱い通貨は売られ、強い通貨は買われます。

 

 

少子高齢化の日本は

今後も活力となる生産年齢人口が減り

経済力がますます弱くなっていくことが想像できます。

 

 

日銀が金融緩和を継続しているため

「日本円」が市中に増え続けていることから

その価値が棄損されつつあります。

 

そのことが円資産を持つことのリスクを高めており

「キャピタルフライト」として

円売りから海外の資産へと移転が進んでいます。

 

 

この流れが止まる要素はなく

近い将来何かのきっかけで1ドル200円、500円と

さらなる円安へと急激に進んでいくことが考えられます。

 

現在、すでに海外の賃金は日本の2倍、3倍となっており

日本の弱さが露呈してきています。

 

こうなると日本人も国内で働くより

出稼ぎのために海外に出向いた方が良いということです。

※そもそも日本ではあらゆる働き口がなくなりつつあり、失業者が増えています。

 

つまり、

弱い通貨となった「日本円」を

一生懸命に稼ぐ時代ではなくなったということです。

 

 

弱くなりつつある「日本円」を持ち続けるか

一部を「強い通貨」に変えておくか

 

答えは明白です。

 


【豆知識】

海外銀行口座を開設する人物像はどういった方だと思われますでしょうか。

 

富裕層? 経営者? お金にゆとりのある60代、70代のシニア層?

実は全く反対で

30代、40代の比較的資産の少ない方、それも女性が多い印象です。


こんな円安が進んでから始めるのは怖い??

2022年に入り急激に円安が進み

今から外貨を購入するのは気が進まないという方がいます。

 

短期的な目線だ立てば一理ありますが

日本の置かれている状況をみれば

「日本円」は弱くなる(円安)方向で間違いないです。

 

しかも、日本の金融機関では

雀の涙にもならない程度の利息しか付きませんが

 

外貨は金利が上昇傾向にあり

比べ物にならないくらいの利息を得ることができます。

 

つまり長期的に多くの利息を受け取ることを考えれば

ある程度の円高になってもマイナスにはならないといえます。

 


【豆知識】

海外銀行口座で外貨預金をする人はどれくらいの期間を考えているか。

 

かつては外貨預金は一時的な「投資」として

円高のときにドルを買い、円安のときにドルを売る

という流れが主流でした。

 

しかし今では日本の金融機関に持つ口座と同じように

5年10年と長期的な目線で口座開設し、

ショッピングのカード引落し口座としたり

より高金利の定期預金を組んだりと

利用の幅が広がってきています。


海外の金融機関の口座を持つ意味

いよいよ日本も音を立てて崩れつつあります。

 

ここ日本は情報統制されていますが世界は大きく動いており

今後日本円の価値が大幅に下落するハイパーインフレが

起こる可能性を考えておく必要があります。

 

日本の金融システムがトラブって

自分のお金が下ろせないということだってあり得ます。

 

こういった想定外のことは

当然ですが秘密裏に突然起こります。

 

このような話をすると「起こるはずがない」という方がおりますが、

起こった場合の準備をしておいて、

起こらなかったらそれはそれでよいと思います。

 

ただ確かなことは日に日にリスクが高まっているということです。

 

自分の資産を海外に移しておくことは

こういったリスクから守るために必要なことです。

 

*****

ニワトリを飼っていた二人のおばあさんの物話があるのですが、

ひとりは自分のうちですべてのニワトリを飼っていましたが

 

もう一方のおばあさんは隣町に住む息子や娘のところに

ニワトリを分けて飼っていました。

 

長い年月を経て

キツネに襲われたり、伝染病にやられたりしましたが

 

その都度、息子や娘とニワトリをやり取りして

いつも沢山のニワトリと雛に囲まれていたそうです。

 

言うまでもありませんが、

自分のうちだけで飼っていたおばあさんの方は

ニワトリが1羽もいなくなってしまいました。

*****

 

海外の金融機関に口座を持つことは

リスク分散であり、保険という意味合いがあるのです。

 


【豆知識】

海外銀行口座で預金をする人はどれくらいの金額を考えているか。

 

金額は人それぞれですが

手持ちの現金の2割から3割程度を外貨預金される方が多いです。

 

シニアの方などお金に余裕がある方は

生活費や当面必要な資金は日本円で残し

現金6割ほど外貨預金しています。


第二の収入源を

 2020年コロナショック以来、大きく世の中が変わりましたが

経済が元の状態にほど遠いのは日本くらいではないでしょうか。

 

給料が大きく上がることもなく、

ここのところの物価高もあり

懐具合が厳しい方が多くなっているのが実情です。

 

仕事がなくなることで収入が減り、

また失業している方も多いです。

 

 

現在は国による様々な支援が行われていますが、

いづれこういったバラマキは終わるでしょう。

 

そして次は、

「増税」という形で我々を襲ってきます。

 

増税や物価高が続く世の中で

やり繰りしていくことは可能でしょうか。

 

給料が上がらない今、第二の収入源を真剣に考えていく必要があります。

 

副業という形で自らの才能を生かし

より多くの収入を得ることも有益な方法のひとつです。

 

が、

海外の金融機関に口座を持つことは

特別な才能は必要なく

 

日本にあるお金を海外に移すだけで

日本と比べ物にならない利息を得ることができ、

ますます進む円安の利益にあやかることができる方法なのです。

 


【豆知識】

海外銀行口座で預金をする人はどれくらいの金額を考えているか。

 

金額は人それぞれですが

手持ちの現金の2割から3割程度を外貨預金される方が多いです。

 

シニアの方などお金に余裕がある方は

生活費や当面必要な資金は日本円で残し

現金6割ほど外貨預金しています。


 日本国内から口座開設できる海外銀行口座で米ドル預金をしませんか。

ご興味ある方はお問い合わせください。

https://www.aspls.jp/contact-us/

 


【豆知識】

海外銀行口座の開設費用はどれくらいか。

 

海外の口座開設にかかる費用は、

口座の種類によりますが1,500ドルから3,000ドル必要となります。

 

他にVISAカードの発行費用も掛かります。

 

決して安い金額とは言えませんが

現地に渡航して窓口で開設手続きする場合と比較すれば

むしろ安価であると考えられます。

 

また身分証明書としてパスポートが必要となり、

口座が開設されるまで1ヶ月から1ヶ月半ほど時間を要します。

 

決して少なくない費用と時間が必要であるため

一時的な「投資」として海外銀行口座を開設することはお勧めしません。